徳島・香川・愛媛・高知の地元密着婚活パーティーはイベント企画LINEにお任せ!

徳島・香川・愛媛・高知での婚活イベント随時開催中!まじめな出逢いの場をご提供いたします。

HOME ≫ 男性が惹かれる女性! ≫

男性はどんな女性に惹かれる?

どんな女性に惹かれるの?

男性が女性を見る時に、何を一番にするか。人それぞれにタイプというのがありますが、結婚相談所でのアンケートや相談でよく耳にするのは、やはり若い女性がいいという人が多いようです。これは女性が男性を見る場合でも同じ事だそうです。

家庭的な雰囲気をもっている

結婚したいとする女性の条件に「家庭的な女性」を挙げる独身の男性はとても多いようです。
独身の男性は、仕事が終わって家に帰った時、家で料理を作って迎えてくれる女性がいて欲しいと考える方が多いのです。

男性を立てて受け入れてくれる・癒し系

男性は女性に安らぎや癒しを求めています。癒しの雰囲気というのは漠然としていますが、要するに相手の事を思いやる気持ちです。その他、料理が得意な女性というのも結婚相手に求める条件に多いようです。

笑顔が素敵な女性

キレイな人や、可愛い人が好かれるというのもあるかもしれませんが、ここでは顔立ちというより全体的なその人の雰囲気や自然とこぼれる笑顔の事です。例えばお見合いやパーティーで緊張している男性側も、この笑顔を見ると一気に気持ちが軽くなり、なんとなく救われたような気分になるそうです。そんな笑顔を持っている人が好かれるようです。

PR

褒める

よく褒める

「カッコイイ」と言う言葉を振りまく女は男を勘違いさせやすい。

「それカッコイイね!」とか「カッコイイ!」と安易に言っている人居ませんか?とりあえず褒められると喜んでしまう男の人、多いはずです。

とはいえ褒め殺しはちょっと不自然ですが。

PR

笑う

よく笑う

とりあえず、笑顔を振りまくこと。自分に向けられた何気ない笑顔、これはグッとくるポイントなのかもしれません。

勿論そこに不自然さがでてはいけません。たとえつまらない場でもグッとこらえて笑顔で交わす。女性の笑顔は、男性にとって魅力的に映る最大のポイントだと思います

PR

距離

距離を縮めるのがうまい

二人だけの秘密を作ったり、距離を縮めるのが妙にうまい人。親近感から恋愛に発展するなんてこと、よくありますよね?男女間の恋愛が成立する多くは、女の方に気が無いパターンだと思います。

親密な関係で恋愛感情を持たない男は、相当アナタと脈がないのでしょう…。

行儀

■行儀が良く軽いオンナではない=上品である

行儀の良し悪しは、動作の至るところに表れます。食事マナーで行儀が悪いと言えば、きちんと箸が持てない、口の中に食べ物が入った状態で平気でしゃべる、大皿料理に直箸を突っ込む、お会計時になるとトイレに行って素知らぬ顔をするなどが挙げられます。その他、電車の中でスカートなのに脚を閉じない、優先席で席を譲らないetc.生活のあらゆる場面で見て取れるものなのです。

軽いオンナか否かも同様です。それほど親しくない男性へのスキンシップが多すぎる、露出が激しすぎる洋服ばかりを好む等は、男性が軽いオンナだという印象を持つ代表例。

なぜこの真逆の女性、行儀が良く軽いオンナではない=上品な女性がモテるかと言うと、男性側の「本当はどうなのか、もっと深く知りたい」という欲求をソソることができるからです。この欲求を強く持ってもらうためには、見た目はそれほど関係ありません。というのも、こういった上品な女性たちは、男性の目を惹くよう、見た目も下品ではないことが常なのです。

ただし、この条件は付け焼き刃では通用しません。以前、あらゆる面で上品だと評判の女性が飲食店で、かわいい箸置きや小皿をカバンに隠して持ち帰ろうとしました。これを見ていた男性は開いた口がふさがらず、何も言えなかったためわたしがたしなめましたが、下品さは、こんなちょっとした動作で赤裸々になってしまうものだと心得ておきましょう。

態度

■目当ての人の前では態度が変わる

いわゆる"ぶりっ子"です。男性はぶりっ子だとわかっていても、自分『だけ』にぶりっ子をしてくれる人に好印象を持ちます。男性に取材をした際、「わかっているけどかわいいと思ってしまう」と、多くの男性が答えていました。

ただし、女性からは酷評されるのがぶりっ子の定番。私事で恐縮ですが、筆者は独身時代に合コンへ参加する時の友人との合言葉は、「狙った男性の前ではぶりっ子すべし!」でした。友人全員がさばけた性格のため実現できたのだと思います。

同性

■同性とつるみすぎない

いつも同性と一緒では、男性が声をかける隙がありません。同性とつるみすぎない女性は男性が声をかけやすいだけではなく、「口が固そう」という印象も与えられるため、男性が心を開くきっかけ作りにも一役買ってくれるのです。

モバイルサイト

イベント企画LINEスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら